☆シミ対策化粧品の秘密公開! 徹底!シミ対策お試しセット

悠香の『茶のしずく』が悩みだった乾燥肌を変えてくれました!

これまでず〜っと長い間、乾燥肌に悩まれてきました。 いろいろな基礎化粧品のお試しセットを使ってみては、あきらめの連続でした。

おまけに近頃はシミも増えてきて悩みは増すばかりの毎日です。(涙)

そんなとき知ったのが、CMでお馴染みの『ゆうかのお茶石鹸「茶のしずく」』でした。 それまでは、洗顔石鹸についてあまり考えたことなく、スーパーで買えるフェイスソープを使っていて、スキンケアは洗顔後の化粧水や美容液が大事だと思っていました。 しかし・・・

それが大きな間違いだったことに気がつくのに、それほど時間はかかりませんでした。。。
それは、洗顔石鹸『茶のしずく』を使ってみたからです。

さらに、シミ対策用の化粧水やクリームとセットで使うとシミ対策も万全になりますね!

お茶石鹸で洗顔石鹸選びの重要性を知りました!

茶のしずくは、市販されていないようだったのでネットで調べてみたらネット通販はありました。 しかも、初回限定のセットがお得な価格でもれなくプレゼントまで付いていました

2個セットと4個セットがあるのですが、4個セットのほうがお得な単価で送料無料(つまりは激安!)で、さらにプレゼントが多かったので4個にしました。 私が買ったときはスキンケア化粧品のお試しセットだったように思いますが、今はカード型温度計が余分に付いているんです。 羨ましい〜。
茶のしずくを使うのに、温度計はあったほうがいいと思います。
どうしてなのかは後ほど説明しますね。

お茶石鹸を使いはじめて、ほんとうに肌の状態が変わってきた実感がします。 これまで悩んでいた原因は基礎化粧品よりも洗顔料と洗顔の仕方に問題があったことに気がついたのです。

ただ、本当の茶のしずくの効果を得ようと思ったら、石鹸だけでなくシミ対策の化粧水・クリームとセットでの使用がおススメです。

ゆうかのお茶石鹸&シミ対策化粧品を使ってみて・・・

洗顔石鹸の茶のしずくには、30g、60g、110gの3種類の大きさがありますが、徹底!シミ対策お試しセット」の中には30グラムのサイズが入っています。

化粧水(15mL)、クリーム(5g)は、それぞれ、しっとりタイプとさっぱりタイプを別々に選んでお試しすることができるの嬉しいですね。

石鹸の強い香りとは違って化粧品はほとんど香りはありません。

私は乾燥肌ですがベタつくのは嫌いなので、しっとりタイプの化粧水とさっぱりタイプのクリームを選びましたが、こういう違った組み合わせで選ぶことができるのは、使う人の立場に立っていてとても良いと思います。

石鹸だけの初回限定セットには60グラムが入っています。 サイズ ⇒⇒
手のひらにピッタリ納まるサイズなので、ちょうど良いサイズですね。

石鹸1個1個が化粧箱に入っていて、それぞれに専用ネットがついています。 ネットは一般的なものより少し硬めで少し泡立てにくい感じがしますが、石鹸自体が硬いのでそれに合ったものになっているのだと思います。

だから、最初は泡立てるのに苦労しました。 コマーシャルやホームページに出ている泡の状態にするのは、とても難しいと思います。 私が下手なだけかも知れませんが。。。(汗;)
1回の洗顔にあんなに大量の泡は必要ありませんけどね。^ ^; 

でも慣れてくると、手のひらにいっぱいの量なら、キメ細やかでモチモチの泡が簡単にできますよ
コツは水分の量と水温だと思います。 多いとキメが粗くなるし、少なかったり水温が低いと思うように泡の量は増えないですね。

水の温度は泡立ちにも関係すると思いますが、肌の状態に大いに関係しますので非常に大事です。

もともと乾燥肌の私は、お風呂上がりは白い粉が吹いたりするのですが、面倒くさがりなのでお風呂の中で洗顔したら、冬場なんかはやっぱり少し肌がつっぱってカサつきます

しかし、説明にある適した水温で洗顔すると、ツッパリ感やカサつきもほとんど感じません。 だから、プレゼントに「ピッタリの水温を知らせる♪温度計」がついているのですね。 納得です。

スキンケアは洗顔石鹸選びが大事だということと、水温や洗い方など洗顔の方法が非常に大切だということが身にしみて分かりました。 初回のセットには、そんな洗顔方法についてのDVDが付いています!

また、さらに美白効果を高めるために、シミ対策化粧水とシミ対策クリームの併用がおススメです。

☆シミ対策化粧品の秘密公開! 徹底!シミ対策お試しセット

◆茶のしずくを数ヶ月つかってみて・・・使用感と違って肌への効果はしばらく使ってみないと分かりませんよね。 4個を数ヶ月使ってみると、悩みだったシミが目立たなくなって透明感が出てきたと実感できるようになりました。

    <リンク>
  • お金借りる ・・・お金を借りるためには安定した収入が必要です。総量規制で借りられる額も制限されました。